2010.09.09

ほぐし倶楽部のご案内

夏が通り過ぎようとしている。

 

曲で満ち溢れるシーズンが近い。

 

ベランダの野菜達とも、もうすぐお別れか。。。

 

 

さて、近々の告知です。

 

 

 

「ほぐし倶楽部」

 

 

 

2010 / 9 / 12 (日) 13:00 - 22:00   *入場無料

 

会場 : UNIVAS  

(札幌市中央区北5条西25丁目1-4 タカノビルB1F)

http://univas-sapporo.com/ 

 

 

 

音楽ライブは19:00頃からの予定です。

 

 

リフレクソロジー、鍼灸、整体、占い、

ヨガ ( 15:00 / 17:00 )、ヘッドマッサージ、

菜食フード、雑貨屋さん、ふんどし屋さん(!)、

などなど、本当に色々あるみたいなので、日曜だし、

日頃の疲れをほぐしに来てみてはどうでしょうか?

 

 

僕は、久々に、座って弾きこむ、

ゆっくりとしたライブをしようと思ってます。

去年のハル小屋以来かな。懐かしい曲もやります。

 

遠くの風景のある所へ向かうので、

良かったら、一緒に旅しましょう。

 

 

ではでは

 

 

 

 気持ちが整い、ようやく見えてきた。

 

posted by Takaaki Suzuki at 23:11 | Comment(0) | diary

2010.08.31

イーハトーヴ

今年はまだあと4ヶ月もある。

 

 

5年前、初めて岩手を訪れた時の事を思い出していた。

 

季節が秋ということもあり、

東京から札幌に、あえて電車で帰ろうと思い、

少し重めの荷物を抱えて、

ほぼ無計画で東京駅を出て、北に向かったあの日。

 

今思うと、

宮沢賢治が好きだという理由だけではなかった気がする。

 

実家に帰るような感覚で、

直感的に電車を降りたのが、花巻だった。

 

そこからさらに遠野まで、

3日間の滞在で、とても神秘的な体験をした。

 

 

一見なんの変哲もない、

見慣れたような風景に潜む、

言葉にならない何かに圧倒され続け、

実は沢山の完成された音楽が、

自分の体内に眠っている事を知った。

 

すごく要約してしまっているけれど、

今思い出しただけでも鳥肌が立つ。

 

その時はまだ、

それをどうしていいのかわからなかった。

 

後の音楽との関わり方を大きく変えた貴重な体験。

 

そう、レーベルの原点と名前の由来はそこにある。

 

 

今でも飛行機で東京を往復する度に時々思う。

あの時、電車ではなく、

いつも通り飛行機を選んでいたら ....... 。

 

未来を決めない無計画さと、

物理的ではない生きた時間と、

直感に従う行動力、

この3つが偶然に重なり合い、

実を結んだんじゃないかと思う。

 

 

 

あれから5年が経ち、色んな苦難もあったけれど、

先に完成された曲があって、

それを追うような曲の作り方にもだいぶ慣れてきた。

まだまだへたくそだけど、

前よりかは、忠実に再現出来るようになったと思う。

 

人によっては普通のことなのかもしれないけど、

僕は5年前、あの体験をするまでは、

曲は探りながら徐々に作りあげていくものだと思い込んでいた。

 

 

今はじっくり 3rd アルバムに向かっています。

時間はかかるだけかけようと思っている。

ある予感がしているから。

 

そして、Ihatov Remains では、来年の春、

札幌在住の一人の女性アーティストのリリースを控えています。

待望の1stフルアルバムです。

 

彼女ほどに独特のセンスとメロディーで、

展開していくドラムを組める人は他に知らない。

 

世界に誇れる。

 

そう、あの時、電車を降りた時と同じような直感で。

 

お楽しみに。

 

 

あと、過去の作品、juno でも購入可能になりました。

http://www.junodownload.com/artists/Takaaki+Suzuki/releases/

 

改めて、宜しくお願いします。

 

 

それではまた、その時が来たらここで。

 

 

 

posted by Takaaki Suzuki at 22:34 | Comment(0) | diary

2010.07.16

スローダウン

時計は容赦なく一定の時を刻む。

 

けれど僕らは過ごし方によって、

それを早くも、遅くも、感じる事が出来る。

一瞬にだって、永遠にだって。

 

では時間とは?

 

 

いつからか、僕は、

何かに追われ、焦るようになっていた。

 

時間がない、足りない、といつも思っていた。

 

 

けれど、ある日、一冊の本に出会う。

 

 

「スロー・イズ・ビューティフル / 遅さとしての文化」

 

51BX2DHVP0L._SS5002_.jpg

 

 

もっとゆっくりでもいいんじゃないか.....

という本です。

 

 

ハイテクが時間を短縮する事で、

与えてくれたはずの時間は、

一体どこへいったんだろう??

 

 

ベランダで野菜を育て、収穫し、

食べる自分。

 

あえて遠回りをして目的地に向かい、

歩く自分。

 

瞑想をする自分。

 

 

確かに、もっとゆっくりでもいいんじゃないか、

と僕も思うようになってきた。

 

 

物理的な時間よりも、

生きた時間に、

ペースを合わせていこうと思った。

 

 

するとどうだろう。

 

 

不思議な事に、

時間がある、充分に足りている、

と思えるようになってきた。

 

 

そして、なぜか、以前よりも物事は進んでいる。

 

 

生きた時間は、とてもゆっくりなものだったのに。

 

 

それにペースをあわせるという事は、

単純に遅れをとるということではなく、

本当の時間の感覚を取り戻すという事なのかもしれない。

 

 

「スローーー ダウン」

 

 

今の日本の政治も、音楽業界も、

 

もっとゆっくりで、いいんじゃないでしょうか。

 

 

 

さて、リリース情報です。

 

「i-dep」、「Sotte Bosse」、そして、

井上薫さんとの共同プロジェクト「Fusik」

としても活動中の、藤枝伸介さんの曲、

Love Theme のリミックスをさせて頂きました。

 

http://www.myspace.com/takaakisuzuki

 

 

冒頭から、刻まれる音、

それは一定の時、物理的な時間を表しています。

 

それを取り巻く、様々な速さと遅さの中で、

波の音と森の声、そして、

藤枝さんのフルートと、僕のフルート。

 

 

 

Love Theme EP / Sinsuke Fujieda

 

 Love-Theme-EP_small_2.jpg

 

1. Love Theme - Takaaki Suzuki Remix -

2. Love Theme - DJ Compufunk Remix -

3. Love Theme - Original Mix -

 

 

beatport で発売中です。

 

https://www.beatport.com/ja-JP/html/content/release/detail/261085/Love%20Theme%20EP

 

 

 

それでは。

posted by Takaaki Suzuki at 20:49 | Comment(4) | diary

2010.06.07

韓国配信と地球のこれから

韓国での配信が先月から始まりました。

以下は主なサイトです。

 

 

■M.net

 

open the outdoors

http://music.mnet.com/ArtistAlbum/AlbumInfo.asp?AlbumID=195853&AlbumView=Y

Starlight story

http://music.mnet.com/ArtistAlbum/AlbumInfo.asp?AlbumID=195852&AlbumView=Y

 

■Dosirak

 

open the outdoors

http://www.dosirak.com/AlbumDetail/f_Album_info.asp?album_id=80143133

Starlight story

http://www.dosirak.com/AlbumDetail/f_Album_info.asp?album_id=80143117

 

 

Melon など、他のサイトも随時増えていく予定です。

 

 

iTunes Store を利用出来ない国、他にもまだまだあるので、

一国一国を大切に、その国に合わせたやり方で、

これからも流通を広げていきたいと思います。

 

 

音楽は宇宙規模で鳴っていて欲しい。

 

 

僕は小さい頃、こんなに世界が広いとは思わなかった。

けれど、こんなに地球が小さいとも思わなかった。

 

知れば知るほど絶妙で、

とても奇跡とは思えない月と太陽の位置バランス。

 

 

情報にはもう惑わされない。

テレビをつけなくても、感じている人は多いはず。

 

温暖化もあり、年々寒暖差は激しくなっている。

 

ある科学者は言う、ここまで急激な変化は予測していなかったと。

 

今まで当たり前だった季節感は、もう失われつつあり、

バランスは既に崩れ始めている。

 

環境問題の多くは全て裏で繋がっている。

 

 

自然に合わせていかなくてはならないのだと思います。

 

人間の都合で変えてきた事が、結果的に自然を変え、

ここでまた更に人間の都合を優先すると、

自然はどんどん僕らから離れていきますよね。

 

自然の都合で生きていかなくてはならないのだと思います。

 

夏野菜を冬に作る必要なんて、本来ないのですから。

 

 

きっと間に合うはず。

 

笑顔で前向きに生きましょう。

 

 

笑いのある所の植物は、不思議と綺麗です。

 

 

 

風邪などひかないように。

 


posted by Takaaki Suzuki at 21:40 | Comment(0) | diary

2010.05.21

エーテルトーク

Charlie Haden と Pat Metheny の 

Spiritual という曲にはまってます。

床屋さんで聞いてからずっと。

 

あ、「聴く」 と 「聞く」 を、

今後はしっかり使い分けようと思います。

 

冒頭で、

Charlie Haden のウッドベースがメロディーを奏で、

その後、ほんの少しだけ時間を置いて、

Pat Metheny が同じメロディーをギターで弾く ..... 。

この、間と、掛け合いがたまらなくて。。。 

なんなんでしょうか。

もう、やめてください ! とでも言いたくなるような良さ(笑

 

なぜ良いのだろうか。。

と、時々理由を考えてしまう癖が良くないですね。

 

違う人が同じ事をやってもこうはならないんだろうな。

 

みんなにはどう聞こえるのだろうか。

 

 

音楽をゆっくり味わう鑑賞会ってあまりないですよね。

 

最高の音質と適度な音量で音と向き合う、やってみたいな。

映画を観るように音楽を聴く時間があっても良いのでは。

そしたらうちのおじいちゃんも呼べるのに。。

 

 

と、最近のちょっとしたブーム。

 

 

 

相変わらず早起きをして、

ベランダの野菜達に水やりをする毎日です。

 

その後、リセットされた頭で、

曲を作ったり、本を読んだり、

事務作業をしたりして、出勤。

 

良いリズムです。

 

野菜を作るようになってから、

育てる事の楽しさを学んでいます。

 

相手も生き物だから、思い通りにならない事もあるし、

わかってあげられない時もある、

けれど、確実に太陽に向かって、

必死に生きていこうとする意志のようなものは感じて、

そのために僕を必要としているのもわかる。

そこで責任が生まれる。

 

時々会話をするように、心で語りかけてみます。

 

料理をする時も、素材とよく会話をして、

話し合いながら作ると、上手に美味しくできます。

 

この会話が大事なんだなと、最近は特に思います。

 

きっと、Charlie Haden と Pat Metheny も、

音で会話していたのではないのかなと。

 

エーテルトークなのかなぁ。

 

 

Ihatov Remains 年内のリリースはありませんが、

次回作の事が少し決まりました。来年ですね。

レーベル初となる僕以外のアーティストになりそうです。

 

楽しみにしていてください。

 

今の音楽業界、売れない売れないと言っても仕方ない。

そういう状況下で売れるものを作るしかない。

コストを極力抑え、安価で購入しやすく、

圧倒的に良いものを。ただ数が増えただけなんだ。

 

出過ぎた杭はきっと打たれない。

 

そう信じて、頑張るしかないですよね。音楽なのですから。


頑張りましょう。
イチローのNTTのCMが話題になってますが。

頑張りましょう!


posted by Takaaki Suzuki at 21:06 | Comment(2) | diary

2010.05.11

自然のウェイブパターン

普段何気なく聞いている自然音、

例えば鳥の声や風の音、川のせせらぎや雨の音、

これらは常に不規則に鳴っているように聞こえますが、

実は視覚的に捉えると、

ある一定の規則がある事がわかります。

僕はそれを自然のウェイブパターンと呼んでいます。

 

その自然のウェイブパターンに、

音楽のメロディーパターンを一致させると、

眠くなると同時に、どこか懐かしい感情が生まれてきます。

 

ヘッドフォンをして聴いていると、

3分はもたないと思います。不思議です。

 

僕が睡眠不足なだけかもしれませんが。。笑

 

全ては医療音楽をより深く追求するために。

別名義 orte の真髄もそこにあるのです。

 

作業時間は主に午前5時〜7時40分で、

間に休憩10分をはさんで、約2時間半。

 

週2日位はこのような実験を進めています。

 

 

最近になって、Ihatov Remains の次回作はいつ?

3rd アルバムは出ないの?

といった 問い合わせが増えてきて、

待ってくれている人がいることもわかって、

とてもありがたく思い、一人一人にメールを返しています。

 

現状、確定している事は何ひとつないので、

公で情報出しはまだ出来ないのですが、

プランはあります。

 

時期がきたら発表します。

 

 

気軽にメールくださいね。

 

twtter も。 

http://twitter.com/ihatovremains

 

 

 

 

posted by Takaaki Suzuki at 21:59 | Comment(0) | diary

2010.04.23

音芸術になせる純粋さとは

最初の発想は常に最も自然で最も良い。
悟性はまちがえるが感情はあやまたない。 ------ by ラロー  


無事に4月18日のライブを終える事ができました。
来てくれた方々、本当にありがとうございました。

ライブはやはり現場だし、僕と聴いてる人達の間の空気感も含めて、
再現不可能なものだと感じています。その時、その瞬間でしかない。

けれど、去年、Myspace に一通のメールが来てて、


ライブを聴いてみたい。でも車椅子だから、
なかなかクラブの階段を下りられないし、少し怖い。


僕はこの事がずっとひっかかっていて、
何でいつも待ってばかりいるんだろう。
DJの時もライブの時も、いつも来てくれる人をそこで待っている。
車椅子で下りた事もない階段をその人が下りてくれるまで、
僕は待ち続けようとは思えなかった。

ちゃんと終わらせることができたから、これも自分の中のけじめです。

Live_100418
http://www.myspace.com/takaakisuzuki

SOUNDCLOUDで張り付けてます。

そして、今月28日に、
Twenty Swans EP / Naohito Uchiyama が、
UnderTone Recordings から発売になります。

僕はリミックスで参加させて頂きました。


◇Twenty Swans EP/ Naohito Uchiyama

1. Twenty First/ Naohito Uchiyama
2. Twenty First(Takaaki Suzuki Remix)/ Naohito Uchiyama
3. Black Swan/ Naohito Uchiyama
4. Black Swan(AZZURRO Remix)/ Naohito Uchiyama


beatport 等を中心に配信されます。


僕は3曲目の Black Swan も凄く好きで、
ある生命体のドラマを見ているような、とても見える曲です。
3D ?? いや、イメージはもっともっと上をいくことができると思う。

そんな生きた力が内山君の音楽には常にあると思うんです。
「Directions」の時から、ずっといちファンだった自分が、
今こうしてリミックスをやっているという現実が、
時々よくわからなくなります(笑

先行試聴出来るようなので、良かったら聴いてみてください。
http://www.myspace.com/undertonerecordings


あと、別名義、orte の Piano diary 始めました。
http://www.myspace.com/orteambient

詳細はまた後日に。


今週末は、NERVE に、HARVEY に 。。。
いろんな意味ですべて間に合いますように。


 

posted by Takaaki Suzuki at 01:40 | Comment(0) | diary

2010.04.10

軌跡

これまでのライブを振り返る。


■2010 


03.18 UNDER TONE @ PLASTIC THEATER 

■2009 

12.26 HUNT OUT @ ATTIC 
12.05 INTO INFINITY @ ASIL SAPPORO 
11.22 Emergence Release Tour @ FILLMORE NORTH 
11.02 PURPOSE @ 小樽倉庫No.1 
10.04 sprout @ 森町 アルボル ハル小屋 
08.29 MAGICAL CAMP 2009 @ テイネハイランド 
08.08 MAGICAL CAMP Countdown @ APPLE STORE
08.01 座 企画 @ 小樽 ドリームビーチ 
07.25 Starlight story @ 函館 CLUB COCOA 
07.19 el/expo 02 @ 青森 SPACE FOUR 
07.04 SYNAPSE @ PROVO 
06.26 NERVE 5th Anniversary @ PRECIOUS HALL 
05.16 EARTH DAY @ 大通り公園 (+Kumi) 
05.15 GROOVE @ alife (+Kumi) 

■2008 

12.19 SPANGLE @ 函館 CLUB COCOA 
11.29 EDEN @ 洞爺サンパレス(+Kumi) 
11.21 LAYER @ MOLE 
10.10 SEEK 2nd Anniversary @ MOLE 
10.04 SYNAPSE @ PROVO 
09.27 Orbit Music @ 苫小牧 CLUB WAX 
08.31 MAGICAL CAMP 2008 @ テイネハイランド 
08.16 GREENTOPE @ RSR 2008 
07.13 ahimana @ COUNTER ACTION (+Kumi) 
05.04 SYNAPSE @ PROVO (+Kumi, Ko) 
03.15 然別湖コタン (+Kumi, Ko) 

■2007 

12.22 NODE @ MORROW ZONE 
11.25 座 企画 @ 江別外輪船 
11.09 119生活 @ COUNTER ACTION 
11.04 SYNAPSE @ PRECIOUS HALL 
11.03 SYNAPSE Tour @ 苫小牧 ROOTS 
10.04 THE RHYTHM @ Plastic Theater 
08.17 PROVO Art Booth @ RSR 2007 
07.07 SYNAPSE @ PROVO 
06.24 ふれあいフェスティバル @ 銀山学園 
02.03 Yomi exhibition 07 @ SOSO CAFE 

■2006 

11.22 SYNAPSE @ PRECIOUS HALL 
11.19 MIX・MAX・MUSIC @ 道立近代美術館 
07.01 SYNAPSE @ PROVO 
06.04 MUSIK 2nd Anniversary @ JADE 

 

 

 

計40回。本当にありがとうございました。

 

 

41回目は IN AND OUT ↓

 

 

2010.4.18 sun -in and out- 

 

@PLASTIC THEATER S5W1 KITAICHI BLD B1 

OPEN/START 18:00 END 24:00 

 

with flyer 1000yen door 1500yen 

 

[live] 

jealousguy (Taion) , 

takaaki suzuki (ihatov remains / synapse) , 

古立太一 

 

[dj] 

iioka , 

noe ( Bricoleur / in and out ) , 

kikuya ( FOREST / in and out ) 

 

 

[food] sayaka 

 

 

timetable 

 

18:00 - 19:10 iioka 

19:10 - 20:20 kikuya 

20:20 - 21:30 noe 

21:30 - 22:00 古立 太一 

22:00 - 22:30 takaaki suzuki 

22:30 - 23:00 jealousguy 

23:00 - 24:00 iioka 

 

24:00 end  

 

 

 

早めの告知です。

 

実は、制作のために、

しばらくライブをお休みする事にしました。

 

5月以降は全てお断りさせて頂いてます。

 

これまでの40回で、関わった人、

支えてくれた全ての人達に感謝して、

ここで一区切つけたいと思います。

 

忙しくて、そこに来れなかったとしても大丈夫。

東京に居ても大丈夫。

 

一生懸命、僕は感じます(笑 

最近感じる事が出来るんです。

 

それに聴いているのは、

そこに居る人達だけじゃないし。

地球だけじゃないし。。

 

でも、やっぱり顔が見えると嬉しいけどね(笑

 

日曜日なので、無理なく、ご都合が合えば、

是非、聴きに来てください。

クラブで無理は禁物ですよ。

 
 

DJは変わらず続けます。更なる飛躍を目指して。

 

宜しくお願いします。

 

 

posted by Takaaki Suzuki at 01:36 | Comment(2) | diary

2010.04.07

不思議な力

suguri_chang さんが先日の洞爺の写真を撮ってくれました。


item-8.JPG.jpeg


item-7.JPG.jpeg


item-11.JPG.jpeg


item-9.JPG.jpeg


item-3.JPG.jpeg


やっぱり自分には UREI が一番合うと思った。

最高のシチュエーションと、最高のブース、最高の仲間、
すべてがそのまま音に反映する。ありがとうございました。


前日、湖畔で流れ星を4回も見た。

長いもの、短いもの、早いもの、遅いもの、流れ方は様々。

僕らの人生もまた、遠くから見たら、
それは一瞬の輝きなのかもしれない。


一度だけ、何か引き寄せられるものを感じて、
見上げた瞬間に流れた星があった。

ナツカシイ

なぜか自然にそう思った。



洞爺には不思議な力がある。


posted by Takaaki Suzuki at 23:42 | Comment(0) | diary

2010.04.03

洞爺でサンデーアフタヌーン

4月4日、日曜日は、春の洞爺湖を目前に、
友人マサヤ君の店、CAFE JALIBU の一周年でDJです。


e0151400_1731342.jpg


cafe jalibu 1st Anniversary party
new logic
2010 / 04 / 04 (sun)
open 15:00 - 22:00
entrance / 1,000-

dj's
masa-ya
flower-gakudan

sweets
ami

guest dj
Takaaki Suzuki 

info 0142-73-3005
http://cafejalibu.exblog.jp/


CAFE JALIBU は以前、ここでも紹介してましたね。
http://diary.ihatovremains.com/archives/200905-1.html


フライヤーの写真は、「Starlight Story」の
ジャケット写真を撮ってくれた、suguri_chang さんです。


ゆったり、湖の力を借りて、DJします。


素晴らしい古民家カフェなので、
札幌の方、函館の方、近郊の方は、
ドライブで、是非この機会に。
自家焙煎珈琲も美味しいですよ〜


住所は、有珠郡壮瞥町字壮瞥温泉74です。
中国みたいだけど(笑

湖畔沿いなので、わかりやすいと思うのですが、
迷ったら、すぐ連絡下さいね。

Mail : contact@ihatovremains.com(携帯でも見れます)

Twitter : http://twitter.com/ihatovremains


ではでは〜


posted by Takaaki Suzuki at 01:50 | Comment(0) | diary

2010.03.31

知性を浸す

壮大な宇宙創造の哲理に、己の知性を浸す。

ヘンリー・D・ソローの著書「森の生活」が、
もう少しで読み終わる。

分厚いな 500ページの文庫本。
昨年からずっーと読んでいる。
いい加減、読み切りなさい!とでも言われそうな。。

でも、このタイミングで、
これから「春」という章を迎えるとは!
読み切るのは、なんだか少し、寂しい。。

蟻の戦いの所は本当に目が釘付けになってしまって、
バスの運転手さんに、お客さーん!と呼ばれるまで、
最後の停留所に気づかなかった。朝から、熱くなったな〜

この人の生き方は、本当に素晴らしいと思う。
そして、こんな知性を持った人、僕は他に知らない。


今宵は、低い満月、札幌は星も綺麗です。


毎週木曜日、PLASTIC THEATER で行われている、
Shigeru Tanabu氏主催の UNDER TONE。

4月は、1日(木) と29日(祝)、DJで参加します。


UNDERTONE.jpeg


僕はどんなに苦労をしても、かけたい曲をかけたいです。
本当に好きな曲しか、なかなかかけれません。
好きな曲は付き合いの長い曲が多いです。
音が良ければCDも使います。

10年目を迎えて、今、ようやく、
DJ が出来るようになった気がします。

まだまだ、未熟過ぎて、発展途上の第一歩ですが、
20年、30年と、永く頑張っていきたいです。

宜しくお願いします。


posted by Takaaki Suzuki at 00:13 | Comment(2) | diary

2010.03.22

空気を通して

再び冬到来の札幌です。

まさか、春分の日に、また雪かきをするとは。。
そして、まさかの初転び@家の前です。

生まれて始めてかもしれない、一度も転ばないシーズンは、
今年は靴が良かった。。なんて思ってた矢先、
油断してしまいました。

やっぱり、結局転ぶのか〜。

北を甘くみて怒られたような気分です。
ピューンという風の音が。

サンプリングしたい。


*****************

twitter 始めました。
http://twitter.com/ihatovremains

*****************

↑ 少しづつ慣れていこうと思います。
ここの番外編で、地味にやってゆきます。


Remix の方はいよいよ大詰め。
どんなレーベルの人に提出するよりも、緊張してます。
あともう少し。


NEW PROVO → HAKATA のコースは断念。

でも、今日は、久々に色んな人と話が出来て良かった。
コミュニケーション、情報交換って、
間に空気を通した方が、
やっぱりいいなって、そう思いました。


さ、頑張ります。


posted by Takaaki Suzuki at 02:51 | Comment(0) | diary

2010.03.17

ピザ

L104

 

日曜日、ピザを作りました。

年内の目標は、チーズの上に乗っているトマトを、

うちのベランダ産にする事です。

 

できれば牛を一頭飼いたいです。。

 

も〜う すぐ春ですね。

 

久々な日記の気がします。

 

僕は、時々おかしな文章を作ってしまって、

誤解を招いたり、不快な気分にさせてしまったり、

選ぶ言葉を間違えて、失敗をしたり ......

 

あると思います。ここでも。

 

ご迷惑をかけていたら、ごめんなさい。

 

アクセス数、リンク元、いつも見ています。

更新がたまにしか出来ていないのにも関わらず、

定期的に開いてくれる人が居る事は、

本当に励みになっています。

だから続けられる。ありがとうございます。

 

18日、木曜日に久々のライブをします!

今年一発目です。

 

起きても最近は明るいので、朝練、復帰しています。

朝はやっぱりいいです。

たとえ夜遅く寝ても、結果、

早起きは得だなといつも思います。

 

平日ですが、夜11時から30分間、

場所は PLASTIC THEATER です。

 

チャンスは一度きり。毎回それが最後だと思って。

 

新曲と、某リミックスも初披露になるかもしれません。

http://www.higher-frequency.com/j_news/march10_d/12/1.htm

 

お時間が合えば是非。

 

フライヤーない方、連絡を頂くか、

入口で僕を呼んでもらえればディスカウント大丈夫です。

 

 

卒業シーズンですか。僕も宅配ピザは卒業かな。

 

posted by Takaaki Suzuki at 00:06 | Comment(2) | diary

2010.03.01

お礼のお手紙

L1040300.JPG

 

お礼のお手紙が、ドイツ国際平和村から届きました。

宍倉さん、ありがとうございました。

 

寄付したのは1万円だけど、

感謝を受け取ったこの気持ちは、

100万円出しても買えないと思います。

 

CDをご購入して頂いた方の中で、

このお手紙を読みたい!という方は、

是非、こちらまでお気軽にメールを下さいね。

 

contact@ihatovremains.com


僕もお礼のお手紙を添えます。

 

 

さて昨日、日曜日

 

wakuwaku1.jpeg

 

日曜大工的な

新しいPROVO、開店に向けてのお手伝い。

 

wakuwaku2.jpeg

 

12cm の積木を沢山作る、

わくわくファクトリーという名の作業でした(笑

 

普段PCばかりに向かっている

僕にとってはとても新鮮な作業。

 

切りやすい木、切りにくい木、

色々ありました。

 

けれど切る時の、あのキーンという音が、

時々、木の悲鳴にも聞こえて、痛々しくて、

悪人になったような気分になります。。

 

店の完成が、前よりもずっと、

イメージしやすくなっていました。

プレオープンがとても楽しみです。

 

 

 

さて本の話

 

L1040298.JPG

 

内山君からお借りしている「アミ 小さな宇宙人」

これは、めずらしく2回も読みました。

 

生きていくうえで、忘れがちな大切な事が、

とてもわかりやすく書かれています。

大人にこそ読んでもらいたい。

 

 

L1040297.JPG

 

こちらも飯岡君からお借りしています。

まだ楽しみが残っているんです。

飯岡君、長々借りてしまってすいません。。

 

 

そしてそんなお二方も参加する、

札幌ではめずらしいウィークリーパーティ、

UNDER TONE が今週から始まります。

レジデントのタナブさんは、

Beat Pharmacy にも参加し、

WAVE MUSIC 等からもリリースしている方です。

 

毎週木曜日、

9時からPLASTIC THEATERでやってます。

 

UNDERTONE.jpg

 

3 / 4   

DJ's Shigeru Tanabu, Naohito Uchiyama    

LIVE Solea

 

3/11   

DJ's Shigeru Tanabu, takahiro akiba    

LIVE Taichi Furudate

 

3/18   

DJ's Shigeru Tanabu, Hazy 

LIVE Takaaki Suzuki

 

3/25   

DJ's Shigeru Tanabu, Taichi Furudate, Iioka

 

 

僕は3週目の木曜日、

今年最初のライブでの参加です。

 

平日ですが、早めに始まって早めに終わるので、

仕事帰りにでも、お時間があれば是非、

新曲、聴きに来て下さい。


それでは。


見える事、聴ける事、歩ける事、話せる事は、
どれも当たり前の事のようだけど、
とても素晴らしい事だと思います。


posted by Takaaki Suzuki at 23:56 | Comment(2) | diary

2010.02.13

地産地消

ここ最近で聴いた海外のどんなDJよりも、
2010年2月10日のNERVEの札幌の二人のDJの方が、
僕は、僕は、断然良かったな。

地元のDJ、海外のDJよりも良くて1000円。


最近、「OUR DAILY BREAD」 と 「BLACK GOLD」
という2つの映画を見ました。


そして今読んでる本、「オーガニック革命」


31mDXAWslyL._SS500_.jpg




改めて、「わら一本の革命」


51VYS10DY5L._SS500_.jpg




忘れてはならない、「森の生活」(佐渡谷重信さん翻訳版)
も、少しづつ、通勤の時間を利用して読んでいます。



ある人は言います。もうインターネットは古いと。

色々やったけど、結局、人は原点に返る。

有機野菜。そもそも最初は全部、有機野菜だった。

産地を記載するよりもそこでの育ち方を記載して欲しい。

今年は春から少しづつ野菜を作っていこう。



posted by Takaaki Suzuki at 20:18 | Comment(6) | diary

2010.01.29

亀のようでも

こういう時代でも、コピーに頼らず、

Ihatov Remains の音楽を買ってくれた人達のおかげで、

先日、ドイツ国際平和村に、

一万円を寄付することができました。

 

本当にありがとうございました。

お手紙などが届いたら、

また改めて、ここでお知らせします。

 

今後も継続して寄付していけるように、

そこは僕の努力次第だと思うので、

あきらめずに続けていきます。

 

次回作、3rd アルバムというのは、

ずっと先になりそうだけど、

一曲一曲、一音一音、一つの音の変化が、

全体に及ぼす影響を慎重に捉えながら、

日々、試行錯誤しながら音楽を作っています。

 

気付けば亀のようになっていました。

 

新しい曲だから一番いいとは限らない。

 

敵がいるとしたら、それはこの前の自分。

 

健康なこと、生きていることでも十分なのに、

音楽やれるなんて本当に幸せです。

 

 

明日はラストPROVO

 

 

 

provo thanx ! farewell party 

 

2010 / 1 / 29 (fri)

 

22:00 誰もいなくなるまで 

 

entrance free !!

 

 

dj's

 

Naohito Uchiyama

 

Takeshi

 

hiroki onodera

 

gak 

 

Gak

 

Birdcage

 

Takaaki Suzuki

 



posted by Takaaki Suzuki at 00:04 | Comment(0) | diary

2010.01.22

電車通りの返るとこ

今から約6年前、ニューヨークから帰ってきたばかりの僕は、

林さん夫妻の勧めもあり、かずやとケンケンと一緒に、

電車通り沿いにあるPROVOという店に行った。


まだ一階でご飯を出していた頃、

その時、初めてリュウタ君とタイホウ君に会った。

二人は、TVのタレントみたいにかっこよくて(笑

ちょっと一人でふらっと行くには入りにくい、

音楽やアート、ファッションに敏感で、

何かを志している人や夢に向かっている人しか、

入ってはいけないんでないか的な雰囲気のような。。。

その後も何度か行ったけど、

なかなか馴染めないまま、僕は仕事で東京に行った。


10ヶ月、札幌を離れる。

戻ってくると、その10ヶ月の間に、PROVOは変わっていて、

2階に場を移していた。リュウタ君一人、barのみの営業。

火曜日は、ケンケンが働いていた。プロレス繋がりなのか(笑

意外だったけど、ケンケンが働いていた事で、

その後の僕とPROVOの関わり方が大きく変わった。


どうも自分には場違いだと感じてしまい、

行きたくても、なかなか行きにくかったPROVOに、

普通にケンケンが居てくれた事で、次第に行く機会が増え、

行きやすくなり、リュウタ君とも徐々に仲良くなって、

毎週火曜日はそこでDJをするようになった。

気付けば、すっかり馴染んでいた。


ある日、ある火曜、リュウタ君に、

「最近DJを始めたケイチャリンって人が今日来る」

と言われ、ケイチャリンは僕の火曜日に突然やってきた。

「さぁ、そろそろこの辺にして、僕と代わりましょうか」

と言って、DJ中の僕の肩をポンポンと叩く。。。

それは大袈裟だけど、

「キミノプレイハトテモキイテラレナイヨ」

にも聞こえた(笑

少々気分が悪かったが、DJを譲る。

それが、Birdcage との最初の出会いだった(笑


それから時々、色んなDJが混じってくるようになり、

僕の火曜日は消えていった。。


ちょうど同時期、オノデラ君にも出会う。


でも、オノデラ君は実はそれが最初の出会いではなかった。

ニューヨークから帰ってきた直後、まだPROVOにも行く前、

アコースティックロックという店にたまたま入り、

僕は一度オノデラ君に接客を受けていた(笑

浦島太郎状態の僕にやさしかった。めがねを憶えています。

DJ DYEを呼んで今度プレシャスでパーティーをやります!

と言っていたのも憶えている。


MOMOともこの頃から少しづつ会う機会が増え、

そして苫小牧のGAK君と出会う。


今のSYNAPSEの原型がそこにはあった。


既に「MUSIK」で一緒にDJをやっていた内山君とは、

みんなよりも少し早く知り合っていた。

まだ実家に居るときで、家が近かった事もあり、

たまに遊びに行って、音楽の話をして ...... 

本当に多くを学んだし、教わった。

かけがえのない時間だった。


かずやの家で、初めて自分の曲を内山君に聴かれた時は、

とても緊張したけれど、今思うと、

その時の内山君の言葉や反応が励みになって、

後の初ライブが決まり、ここまで来れた気がする。


「誰しも達人になれる努力さえすれば」


という言葉が今でも心に根付いてます。


彼の音楽、志、生き様なくしては、

今の僕も僕の音楽もなかったと思う。


これは本当に過言じゃない。



SYNAPSEが産声を上げてから、

約4年が経とうとしています。


この4年間、PROVOで費やした時間、

出会った人、起きた出来事、離れていった人、

うまくいかない事もしがらみもあった、

けれど、ほとんどの人と僕はここで知り合い、

ここを通じた結婚もあった、

本当に、語りつくせないたくさんの記憶。


改装され、YOMIの絵をバックに、

果たしてこれまで何曲かけられたのだろうか。

天井や床に、どれほどの音が吸収されていったのだろうか。


記憶は断片的なのに、

その一つ一つが鮮明に浮かび上がるのは、

いつもそこに音楽があったからだと思う。


リュウタ君、本当にありがとう。

あの日、けんけんとかずやに付いていってよかった。

僕が最初に話しかけた言葉、憶えてますか?
「何のコーヒー豆使ってるんですか?」(笑


PROVOの移転は、

正直、実感がわかなかったけれど、

今頃になって、だんだん寂しくなってきました。。


僕は残りDJ1回、泣いても笑ってもこれが最後。

向かえのマンションの人達お疲れ様。

29日(金)、provo farewell party にて、待ってます!


PROVO移転後の更なる飛躍を願って、

明日はプレシャスホールで↓

チケットあります。当日でも届けますので、

まだまだ、連絡下さい。


--

 

2010.1.22(fri)

PROVO presents

"SYNAPSE" 2010 01st flight,02djs long set

23:00 start

fee adv¥2,500- w/f¥3,000- day¥3,500-

 

guest dj

donato dozzy<dozzy records/mental groove - Italy>

 

dj

naohito uchiyama<synapse/tbhr/statik>

 

www.provo.jp

 

info

-after party-

precious後、みんなのprovoでafter partyやります!

 

-next SYNAPSE-

2/26(fri) feat.lawrence

 

-provo move-

6年ちょっと親しまれてきた電車通りのprovoは1月いっぱいでcloseとなります!

次は南6東1で、更に遊べる空間としてupdateされたprovoになるでしょう!

御愛顧ありがとうございました!!

 

-radio synapse-

every friday 23:00-24:00 fm 82.5 on air!!


--

 

posted by Takaaki Suzuki at 00:51 | Comment(4) | diary

2010.01.14

気流の影響で揺れています

東京から戻りました。

先週末、土曜日から行っていて、
でも月曜日に一回札幌戻ってきて、
また昨日行って、今日戻ってきたところです。

今回は、仕事以外で行く東京があったので、
神保町で古書巡りが出来たり、
浅草に行ったり、代官山 combineにも行けた、
あと、BLOCK PARTY に、また行けました。
この日、LOOPで過ごした時間は、
うまく言葉に出来ないけど、深く、心に残りました。
人と音と人の間で、素晴らしい光景を何度も見ました。
本当に、理想的なPARTYでした。羨ましかったです。


久々に、新曲ではないのですが、
2曲、myspace にアップしました。
http://www.myspace.com/takaakisuzuki

1曲は、実は、以前、
初めて他の人の曲をリミックスした事があって、
ずっと手元にあった曲、大切にしていた曲。
札幌が誇る素晴らしい3人組インストバンド、
olololop の mon という曲のリミックスです。
kumi ちゃんこと、kumiko hayashi さんに、
ピアノを弾いてもらっています。
原曲は、昨年リリースされた、
SYNAPSEのコンピ「emergence」に収録されています。

もう1曲は、「Jagrat」のライブバージョン。
昨年12/26、ATTICの時のを採用しました。



posted by Takaaki Suzuki at 03:25 | Comment(0) | diary

2010.01.02

明けましておめでとうございます。

新年早々、昨年寝てなかった分、
たっぷり寝て、睡眠時間を清算したり、
昨年作り出した今年のプランを煮詰めたり、
お雑煮作ったり、ゆっくりレコード聴いたり、
お正月だから、お正月くらいは ..... と思って、
贅沢に時を使わせて頂いてる。

1978 - 1982 位で好きなレコードが本当に多くて、
この辺りは、自分が生まれる直前、生まれた直後で、
その時期、何が起きていたのか、
なぜこんなに素晴らしいのか、
両親に聞いてもわからなくて、 
それをリアルタイムで現場で経験した人は少ないから、
興味は募るばかりです。

CLASSICS には、
曲を作る上で大切なヒントが沢山隠されていて、
知れば知る程、聴けば聴く程、不変的な良さ、
30年近く経っても、こうして、新譜を差し置いて、
聴かれている理由があると思います。

昨年リリースされた曲で、
30年後、昨年生まれた子供が30歳になって聴く曲って、
どのくらいあるんだろう。

もちろん時代は変わっていくから、
音楽の聞き方も違うし、もしかしたら、
音楽そのものが、残していくものではなくなっていて、
常に新しく、それぞれに、
作られていくものに変わっているかもしれない。

わからないけど、
その時、その時代にしか作れないものは、
きっとあると思っているから、
30年後でも聴かれている曲はあると思います。

それを信じて、遺っていくものを目指して、
今年も頑張っていきます。

本当にぎりぎりだし、周りのサポートがないと、
すぐに倒れてしまいそうな現状だけど、
なんとか少ない知恵をしぼって、
諦めずに進んでいくので、
今年もどうか宜しくお願いします。

一人でも多くの人が、実り多き一年になりますように。


posted by Takaaki Suzuki at 13:38 | Comment(0) | diary

2009.12.26

練習の合間に

今日のライブの練習をしていました。

毎回思うけど、手がもう一本欲しいです ...。
パッドを叩きながら、シンセを弾いて、
ノブを回すのには、どうやら限界があるようで。。
機材の一部を足下に置いて、足の指を使おうか、
今日は真剣に考えてしまいました(笑)

今は珈琲ブレイク。
ロンドンの JAZZ FM を聴いて少し休んでいます。

外は雪。薄暗くなってきた。


さて、遅くなりましたが、
CDを購入して頂いた方々のおかげで、
ドイツ国際平和村に寄付が出来ます。

これから連絡をとって、
後日、詳細をお伝えしますね。
本当にありがとうございました。

来年は、原点に返って、
チャリティーと医療音楽に、
もっと時間を費やしていきたいと思っています。
Ihatov Remains で出来る事、考えていきます。
もっと色んなリリース形態があっていいと思うんですよね。


僕は、時々贅沢な事もするし、
必ずしも必要ではないと思う事にお金をかけたりもします。
生活費を削ったり、節約をして、
ボランティアをしているわけではないけれど、
自分のやっている音楽で、少しでも、
人の役に立てるならと思って、
寄付をしていこうと思っているだけです。

音楽療法士の資格はないけれど、
ライブの時、会場で、涙をみたりすると、
何か人の心に届くものがあったんじゃないかと思って、
もっと、知識を得て、現代社会の疲れを癒したり、
精神的な病に苦しむ人の役に立ったり、
心の健康を保つ手助けが、
自分が今やっている事で出来るんじゃないかと、
そう思う様になって、今はクラシック音楽まで遡って、
この音、この進行が、人にどう影響するのかを調べたり、
医学的な統計を調べたりしています。


遠いようで近い同じ地球で
僕は楽しい時、幸せな時、
プレシャスホールで、まぶしい音に包まれた時、
みんなの笑顔を垣間見た時、
この世は平等になるように出来ているのではないかと、
ふと、思ってしまうことがあります。

そこが、その場所が平等にという事ではなくて、
同じ時、同じ瞬間に、僕らが幸せな分、
どこかで苦しんでいる人がいるのではないかという、
不確かな現実にです。

先日知ったのは、
飢餓に苦しむ人と必要以上に食べ物を食べている人は、
統計的に同じ数くらいになるという事実です。

そして、自殺してしまう人は年々増えている。

大きな事を出来るとは思っていません。
けれど、マザーテレサは言いました、
小さな事を進んで出来る人はもっといない と。

微力でも、続けていこうと思います。
その行為、行動に重点を置いて、
いつか伝染して、サイクルができますように。


さ、練習に戻らなくては。
足を使うか使わないか、いい加減決めなくては !(笑

今日のライブ、僕の出番は23:30位からです。
場所は、南3西6 ATTIC です。
http://www.a-yaneura.com/index.php


posted by Takaaki Suzuki at 16:49 | Comment(0) | diary